• HOME
  • 外傷性頚部症候群

事故時31歳 男子 外資系証券会社勤務 14級(東京地裁平成16年2月27日)

 

被害者

事故時31歳 男子 外資系証券会社勤務 
 

傷害の内容

外傷性頚部症候群
 

自賠責で認定された等級

14級
 

裁判所の判断

①休業損害
151万7375円
②入通院慰謝料
182万円
③逸失利益
238万8898円
④後遺障害慰謝料
250万円
 

コメント

被告が運転する加害車両が,乗用車の乗客を降ろすため,加害車両を停止して左後部ドアを開けたところ,上記ドアが,後方から自転車に乗って加害車両の左側方を通過しようとした原告に衝突し,原告が負傷を負った交通事故で,後遺障害等級14級が認められました。
 


横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.