• HOME
  • 他覚的所見のない外傷性頚部症候群の神経症状を内容とする後遺障害

女子 スナック経営者 14級10号(東京地裁平成10年1月20日)

 

被害者

女子 スナック経営者
 

傷害の内容

他覚的所見のない外傷性頚部症候群の神経症状を内容とする後遺障害
 

自賠責で認定された等級

非該当
 

裁判所の判断

①休業損害
439万144円
②入通院慰謝料
200万円
③逸失利益
123万9694円
④後遺障害慰謝料
100万円
 

コメント

交差点を左折中の加害車両と,直進進行中の被害車両とが衝突した事故で,自賠責では後遺障害等級非該当としましたが,裁判所は14級10号と認めました。
 


横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.