• HOME
  • 12級と14級の違い

12級と14級の違い

%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG    むちうちで後遺障害等級認定を受けると、12級13号または14級9号に認定されます。

いずれも、任意保険会社への事前認定や、被害者請求をした結果、後遺障害が残存した場合に認定されるものですが、そもそも12級13号と14級9号の具体的な違いをご存知の方は少ないのではないでしょうか。


まず、12級13号と14級9号では、下記の表のように損害賠償額に大きな違いがあることをご存知ですか?


12級13号と14級9号の損害賠償額の違い


等級

自賠責保険の支払限度額

裁判基準での支払限度額

1213

224万円

290万円

149

75万円

110万円

12級13号と14級9号では、損害賠償額の違いに、約3倍の開きがあることがわかります。
では、具体的に、12級13号・14級9号はどのような場合に認定されるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。



12級13号と14級9号の認定基準の違い


等級

認定基準

1213

局部に頑固な神経症状を残すもの

149

局部に神経症状を残すもの


つまり、12級13号と14級9号の認定基準の違いは、局部に残存した神経症状が、頑固であるかそうでないかということです。
では、それぞれの等級の認定基準の具体的内容について見ていきましょう。


自賠責保険実務では、12級は「障害の存在が医学的に証明できるもの」、14級は「障害の存在が医学的に説明可能なもの」または、「医学的に証明できなくとも自覚症状が単なる故意の主張でないと医学的に推定されるもの」という基準がとられています。

では、12級13号・14級9号の認定を受けるには、具体的にどんな条件が必要なのでしょうか。


12級13号と14級9号の認定を受けるための条件


14級9号は、局部に神経症状を残すものと認められれば認定されます。そのためには、医師による神経学的所見と自覚症状が一致していることが必要です。

12級13号は、頑固な神経症状であると認められれば認定されます。「頑固な神経症状」と認められるには、症状固定時に残存する症状が、他覚的に証明されることが必要です。
ここで、他覚的な証明のために必要となるのは、レントゲン・MRI等の画像所見、医師による神経学的所見です。さらに、これらと自覚症状が整合性を持っていることと、受傷時から症状固定時まで一貫性を持っていることが必要です。
整合性とは、「この画像所見からは、このような自覚症状があるはずであり、このような神経学的所見があるはずである」というもので、自覚症状と画像所見、神経学的所見の3つが医学的に一致していることを指しています。
一貫性とは、受傷時から症状固定時まで行った検査で、症状が一貫していることを指します。これらをなくして、12級13号の認定を受けることはできません。


実際に12級を獲得した後遺障害診断書の記載例はこちら≫

横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.