• HOME
  • 当事務所の解決方針

交通事故事件処理の方針

当事務所の「事件処理の方針」を紹介します。ご相談者様の力になるべく、以下に記す方針に則って問題解決のサポートを致します。

何かお悩みや不安等がございましたらご遠慮なくご相談いただければと思います。
   IMG_8708_1.jpg
 

1 裁判基準に基づく適正な賠償額の獲得を目指します。

交通事故に関しては、裁判所内部で一定の基準が設けられ、判決や和解はこの基準に基づいて行われることが多くなっています。これに対し、任意保険会社は、この裁判基準より低額の基準を設けており、保険会社が提示する賠償額は、裁判基準で算定した額より低額になります。

当然、裁判基準で算定した額が適正な賠償額ですから、当事務所では、裁判基準に基づく賠償額の獲得を目指して進めます。

具体的には、裁判基準で算定した金額で保険会社に請求し、保険会社からの提示額がそれを大きく下回るようであれば、訴訟で進めます。最初の保険会社からの提示額が裁判基準と大きく離れている場合は、交渉で金額を裁判基準に近づけるのは困難ですので、交渉に時間を費やすよりは、交渉を早めに切り上げて訴訟をした方が、遥かに迅速かつ適正な解決に近付きます。


また、最終的に示談で解決するとしても、最初から示談狙いで進めるより、裁判基準による解決を目指し、訴訟も辞さない強い姿勢で進めた方が、迅速かつ適正な示談に結び付きます。つまり、裁判基準を目指すということは、保険会社との交渉における戦略的な意味もあるのです。


一般的に訴訟は時間がかかるとのイメージがありますが、交通事故の場合は裁判所が一定の基準を持っているため、早期に和解で解決することが多くなっています。
 
和解すると、本来受け取れるはずの遅延損害金や弁護士費用が認められない場合もありますから、裁判所が提示した和解金額に納得いかない場合は、判決に進むことになります。判決まで進むと、解決まで時間がかかることはたしかですので、裁判所の和解案を受け入れるか否かについて、依頼者とよく相談します。

その際、依頼者には、判決になったらどのような結果が予想されるかをわかり易く説明します。
裁判所には弁護士が行くので、依頼者は判決を目指す場合に1回裁判所に行くだけでよく、訴訟することで基本的に依頼者の負担は増えません。

 

2 交通事故直後、症状固定前からご相談・ご依頼に応じます。

当事務所は、交通事故直後から積極的に被害者の方のご相談・ご依頼に応じます。なぜなら、交通事故直後から、健康保険を使うべきか否か、保険会社の治療費打ち切りにどう対処するかといった、専門家の助言を必要とする様々な問題が発生するからです。

それだけではなく、事故直後に適切な検査をして画像等の証拠を取っておくか否か、医師に自覚症状を正確に伝えられるか否か、後遺障害診断書の記載内容などにより、後遺障害認定の結果が左右され、賠償額が大きく違ってくることがあるため、被害者が十分な損害賠償を得るためには事故直後からの弁護士によるサポートが必要になるのです。

 

3 依頼者の要望に沿った解決をします。

上記のように基本的には裁判基準に基づく適正な賠償額の獲得を目指し、訴訟を念頭において進めますが、これは、その方が依頼者の利益になる場合が多いと考えるからであって、依頼者の方が訴訟をせず示談で解決して欲しいと考えている場合はその考えに沿った解決を目指します。

依頼者の中には、「金額を高くするよりも早く解決したい。早くこのわずらわしいことから解放されたい」と考える方も少なくありません。

その場合は、訴訟するか示談するかについて依頼者が納得のうえで判断できるように、訴訟をした場合に予想される結果や訴訟に要する時間を丁寧にわかり易く説明します。ですから「自分の要望を聞いてくれない」という不満を抱くことはありません。

 

4 迅速な解決を目指します。

依頼者の方にとって、交通事故案件が迅速に解決することは、適正な賠償額を獲得することと同じくらい重要なことと理解しています。依頼者の方にとっては、交通事故の被害に遭ったこと自体災難なのに、その後の損害賠償請求に時間や労力を奪われることは、大きな負担です。

それが原因で仕事や家事に専念できなくなれば、金銭的な損害を被るのと同じことです。ですから、迅速に解決することは、金銭賠償を受けるのと同じ意味があると考えています。上記の通り適正な賠償額の獲得を目指しつつ、最大限迅速に進めることを常に意識しながら活動します。

 


横浜港北法律事務所について

●事務所紹介        ●当事務所の解決方針 ●解決までの流れ   
●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●解決事例
●アクセスマップ ●お問い合わせ  

ImgTop7_1.jpg

Copyright (C) 横浜港北法律事務所 All Rights Reserved.